send link to app

KCM for Japanese 106/109 KBD



無料

Input Devices for Japanese.JIS配列キーボード(OADG 106/109)用 Key Character Map (KCM) です。外部キーボードを接続時に KCM を切り替えることで、キーボードレイアウト、及び機能割り当てを変更できます。この機能は、Android 4.1 (Jelly Bean) からサポートされています。
以下の5つのレイアウトを選択できます。それぞれ、日本語IME用のキーコードをサポートしたKCMも選択できます。 - OADG 106/109 - OADG 106/109 (Ctrl ⇔ CapsLock 入替え) - OADG 106/109 (Esc ⇔ 半角/全角 入替え) - OADG 106/109 (上記の両方) - OADG 106/109 (Windowsキーに HOME を割り当て)
ソースコードを公開しています。ご自分のキーボード、好みのレイアウトに合わせて、ご活用いただければ幸いです。
詳細はプロジェクトのウェブサイトをご参照ください。
このアプリケーションは、Google が提供するアイコンを使用して作成されました。また、Android標準の InputDevices をベースにしています。
■KCMの選択外部キーボードを接続すると、[設定]-[言語と入力]-[物理キーボード]が選択可能になります。[キーボードレイアウトの選択]ダイアログにて[キーボードレイアウトの設定]を選択し、利用したいレイアウトにチェックを入れてください。
■半角/全角キー(ScanCode=41)キーコードは "GRAVE" (KeyCode=68) のままにしています。Google日本語入力、iWnn などでは、"GRAVE" のキーコードで IME On/Off (あ/a) を制御していると思われる為です。※動作確認結果からの推察です。
■ESCキー(ScanCode=1)Android標準(Generic.kcm)では、以下の機能が追加で割り当てられています(fallback で発行されます)。 ESC → BACK Alt+ESC or Meta+ESC → HOME Ctrl+ESC → MENU
■Windowsキー(ScanCode=125 → META_LEFT)一部の KCM では、HOME をマッピングしています。META_LEFT を発生させることができない為、ご注意ください。なお、ポケモンタイピングDS付属キーボードの HOME キーは、この ScanCode になっています。
■日本語IME用キーコードGoogle日本語入力の設定で 109A配列 を選択した場合、及び iWnn では、US 101/104 キーボードのキーコードを前提にしています。@/[/] については、それぞれ LEFT_BRACKET/RIGHT_BRACKET/BACKSLASH のキーコードを発行する必要があります。IME側で日本語配列キーボードをサポートしている場合、US配列用のキーコードをサポートしたKCMをご利用ください。※"GRAVE" だけではありませんでした。動作確認不足でご迷惑をおかけしました。
■その他Android標準のキーマッピングについては、以下のソースコードをご参照ください。 frameworks/base/data/keyboards/Generic.(kl|kcm) frameworks/base/packages/InputDevices/res/raw/*.kcm
■動作確認機種 - Nexus7 4.2